佐々木 隆敏

院長

出身地 広島県大竹市
昭和35年 修道学園高等学校卒業
昭和42年 横浜市立大学医学部卒業
昭和43年 横浜市立大学医学部眼科学教室入局
昭和53年 横浜市立大学医学部眼科学講師
昭和57年 六ツ川眼科医院開業

大学時代は目の感染と免疫をテーマに基礎研究を行い、
臨床では角膜感染症とぶどう膜炎の診療を担当していました。
開業してからは第一線の眼科医療に徹しています。
地域の方の目の健康に責任を持つつもりでやっています。
問題は沢山あります。目を酷使する児童・青年の目の健康。
高齢化社会での中高年の目の成人病の管理とQOLの向上。
中でも緑内障、加齢黄斑変性症は大事な問題と考えています。
漢方は医学部専門課程3年生のときから眼科に入局して、
数年の間、石原 明先生の教えを受けました。
眼科医療の中での漢方について考えています。

Profile Picture