眼底検査についてのご注意

眼底を詳しく検査するために「ひとみ」を開きます(散瞳)。
散瞳薬(ミドリンP)を点眼して30分後に眼底検査を行います。

「ひとみ」が開いた状態から元のように小さくなるのに3~5時間かかります。
また、散瞳薬の効果は「ひとみ」を大きくするだけでなく調節麻痺をおこします。
このため検査の後では光が眩しく、近くにピントの合わない状態がしばらく続きます。

検査の後で車の運転、目を使う事務的仕事、読書等は出来ません。

前の記事

食生活による緑内障の予防

次の記事

はやり目の注意